スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
F1アメリカGP
久しぶりに期待できるかも?と思って、深夜3時からの放送だけど、見てみることに…
テレビを見て「何なのこれ???」って、唖然とした。
「何で6台しかいないの?今までこんな事ってなかった…」って
何がどうなって、このようになたのか?状況を把握しなくちゃ、気になって寝れない…
それまでは、眠い目をこすりながら放送時間を待っていたけど、
これがきっかけで眠気がすっ飛んだ!

スタート直後に実況してるアナウンサーや、右京さん達が話し始めて状況がわかったよ…

ミシェランのタイヤが負担が大きいから、打開策などFIAと協議しても却下されて…
結果、フォーメーションラップに出て行った、ミシュラン勢の7チーム14台は、
グリッドに向かわずピットへ…ミシュランが実力行使で、異様なスタートになった。
観客からはブーイング・物の投げいれなどがあり、
どこかのチームスタッフも親指下に向けていたな~…

6台スタートして、結果は久しぶりにファラーリが1・2でフィニッシュ。
M・シューとバリチェロはお互い目を合わせず…仲が悪いからね~…
3位のモンテイロが喜んでシャンパンシャワーをちょっとしたけど、
フェラーリの2人はシャンパンとトロフィーを持ったまま奥に消えていった。
納得の出来るレースじゃなかったからな~???

それにしてもFIAって最近ヘンだって…右京さんたちも言ってるし…
お客さんあってのレースなのに、完全に無視して、
これではお客さんが離れていくだけなのに~って…
選手の命も大事だけど、何があそこまでいこじにさせるのか?
この前のBARHONDAに対してもひどかったし…

FIAはこんなレースをして、みんな納得してると思うのか?

前みたいにタイヤ交換があって、ワクワクドキドキのレースが見たい。
そんな日が来るのだろうか???

続き…
レース棄権したミシュラン勢がファンに謝罪のコメントを出しました。
ルノー、マクラーレン、ウィリアムズ、トヨタ、レッドブル、
ザウバー、BARホンダのミシュラン勢は合同声明で、
「今日のレースを棄権したことに関し、全ての観客、テレビ視聴者、F1ファン、
そしてスポンサーの方々に謝罪する」
と発表しました。
棄権の理由にドライバーの安全を最優先させたと釈明。

安全性の面からF1全10チーム中9チームが、
シケインの増設を国際自動車連盟(FIA)に提案しましたが、FIAがこれを却下。
これにより、ミシュランタイヤを使用する全チームがレースを
ボイコットする前代未聞の大会となりました。

今までに無いF1のレースになって、ファンとして悲しいことです。
ドライバーの安全性は重要です。
でも、ファンの心を踏みにじるような事はして欲しくないです。
今回のレースは、無効・もしくは日を改めて開催されるのが
高いお金を出して見に行ったファンも、テレビで見ていたファンも
少なからず納得はしていたでしょう…
スポンサーサイト
[2005/06/20 13:17 ] | 未分類
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。